ご挨拶

株式会社漢方医科学研究所
代表取締役 大城日出男

漢方医薬の教育で培った実績を
エコ時代の新しい医薬品・健康食品開発に生かす。

漢方医薬の教育で培った実績を、エコ時代の新しい医薬品・健康食品開発に生かす。

私たち株式会社漢方医科学研究所は、日本の漢方医薬教育の欠如(医科大学、薬科大学で漢方医薬の教育が行われていない)を補い正すために、1991年、上海中医薬大学の在日本の教育・研究拠点として設立し、その後1996年に上海中医薬大学附属日本校を開設し、医師・薬剤師をはじめとした日本の医療従事者の皆様に本格的な漢方医薬の教育を提供してまいりました。

株式会社漢方医科学研究所では、『上海中医薬大学附属日本校』での教育事業で培ってまいりました実績と知識を活用し、漢方薬に使用される薬草類から、人に優しく、薬効の高い成分を探索するなど、研究開発分野の事業を積極的に展開しています。

そして、薬効成分の探求研究から各種のすばらしい薬効成分を発見し、その成果を日本はもとより欧米にも世界特許として申請し、このたび、蓮の胚芽に含まれる数種の薬効成分(抗うつ作用鎮静作用などの向精神作用)の特許を、日本、アメリカ、ヨーロッパで取得いたしました。

設立以来四半世紀にわたり、私たちが培ってまいりました「中医薬学の教育と研究」をベースとしたこれらの資源を生かし、本当の意味で『世界の人々に役立つ健康事業』を本格的に推進してまいります。

footlogo.svg

〒530-0047 大阪市北区西天満1-7-20 TEL. 06-6362-1506/FAX 06-6362-1505

Top